STAFF BLOG

行動を見直すことがRefreshになる~システムエンジニアのマークの場合~

1484100507547

スタッフみさです。

Be&Doをみなさんにもっと知ってもらいたい~!ということでスタッフそれぞれに
「Try・Refresh・Enjoy・Encourage」いずれかのテーマに沿った質問でインタビューしていきます!
今回はシステムエンジニアのマークさんにRefreshについてインタビュー!

システムエンジニアのマーク

マークMarc

デンマークのマーク。イギリスの大学では工学を学び、来日後に大学院でシステムデザインについて学ぶ。
クリスマスにはサンタさんの帽子をかぶってきたり、急にドイツ語で挨拶してきたりと、ユーモアもセンスもあるマーク。
前回のTryについてのインタビューでは、「happinessの逆はsadnessではなくboredom~何もすることのない人はハッピーじゃない~」といったマークならではの名言が!!

 

みさ
小さいころの目標やなりたかったもの・夢を教えてください。
マーク
小さいころ目標はなかった。
みさ
?!
マーク
4歳からキンダーガーデンに入ってハイスクールまで同じキャンパスだった。
小さいころから両親に大学に行くように言われていたからそれが普通だった。だから目標はなかったよ。
Marc's high school days

Marc's high school days

みさ
なるほど〜周りのみんなも同じように進学しているし、それが当たり前だったんだね!でもなりたかったものはあるんじゃないの?

マーク
10歳ごろはスポーツ選手になりたかった。毎月のようにスポーツは変わったけど・・・。

みさ
どうしてスポーツ選手になりたいと思ったの?

マーク
両親は二人とも働いていて忙しかったから、長い休みの時はスポーツキャンプによく参加していた。
1週間〜2週間のキャンプに参加して、毎回違うスポーツをしていた。

マーク
キャンプに参加するたびになりたいスポーツ選手も変わっていって、ある時はバスケット、ある時はハンドボール、サッカー・・・みたいな。

マーク
サーフィンのキャンプもあったし冬にはスキーもしたよ。16歳の時はスカイダイビングのキャンプに行って面白かったな。

みさ
その中でも“この選手ならなれそう!”って思ったのは??

マーク
特にない。どれもそれなりにはできたけど、特に上手ってのはなくて。

みさ
やっぱりどれもこなせてしまうのがマークだなと。
部活レベルとまではいかないものの、今もお友達とスポーツを楽しむのは続いているそう。

みさ
もう少し大きくなってからなりたかったものとかはないの?

マーク
高校生の時は特になりたいものはなかった。
電子電気工学を勉強したいと思ったけど100%かどうかわからなかったから、高校と大学の間1年休みとって日本へ行った。
その後ドイツのボッシュで4か月インターンをして電子電気工学やりたいか決めた。
やりたいと思えたから電子電気工学を学びに大学へ行くことにしたよ。

みさ
現実主義なマーク。小さいころからだったんだな。

みさ
Refresh(リフレッシュできる場、こと、とき、もの)について教えてください。

マーク
興味があって何か始めても別の興味がわいたり、アップダウンの波があるでしょ。
ダウンしている状態で何がしたいかわからないとき、何もしたくないときに、パレートの法則にのっとって紙に書き出す。
どの20%が80%のうれしくなるものなのか、どの20%の人が80%のうれしさをもたらしてくれるのか。
それが決まったら逆もやる。
どの20%が80%のつらさにつながっているのか・・・。

マーク
そのあとは
Prioritize − 好きなものの優先順位をつける
Incentivize − やったほうがいいけど好きじゃないもの、何と繋がったらできるかを考える
Optimize − 嫌いだけどやらないといけないことを改善する
に分ける。

マークさんの分かりやすいIncentivizeの解説:
A子さんは夜ドラマを見るのが好き。
元々運動は苦手だけど最近腰が痛くてストレッチの必要性を感じている。
そんな時はドラマを見ながらストレッチをする がベスト!
つらくない、しんどくない ので習慣にしやすい!!

マーク
スポーツをすると元気になるし気持ちもいいよね!秋はよく公園走っていたんだけど、冬になって寒くなってきたら外に行くのが億劫になって・・・。
“寒いから今日はやめておこう”がいつの間にか2週間とか続いてしまう。
こういう時はパレートの法則、そしてIncentivize(何と繋がったらできるか)を考える。
マーク部屋

マークのお部屋。一見???な黒模様・・・実は「好キ」の文字が!!

みさ
マークが冬になって走らなくなっちゃったことへの対策は見つかった?

マーク
家で運動できる、機械がいらないアプリを見つけたよ!
外が寒いことを我慢して走るのは自分にとってストレスだから、今は走ることとは違う方法をとることにした。

みさ
そうだね!スポーツを続けて元気になる、はできているもんね!!

マーク
パレートの法則、Prioritize/Incentivize/Optimizeをわけることで改めて「スポーツは元気、うれしくなる」と気づく。
当たり前のことなんだけど、やらないとそこに気づかない。やることでモチベーションが戻ってくる。

マーク
行動を見直すことがRefreshになる。現状は下がっているんだからそのままではいけない。変えないといけない。

みさ
さすがマーク!!よくないと思う状態を続けない、そのために自分を見つめなおす時間を作っているんだな。

関連記事

書いたひと

みさ
みさ
Be&Doでマーケティング・広報を担当しております。二人の娘がおります。子育てや仕事の中での気づきについても書いていきたいと思います!

著者リスト

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • 藤井雄吾
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • 雪丸由香
  • Zheng Li
  • 赤澤智貴
  • misaki
  • 持部 ミカ
働く人のイキイキを実現するWellbeingマネジメントシステム

最近の記事

ページ上部へ戻る