STAFF BLOG

大学生の社会人基礎力向上に、habi+Do!活用始まりました。

3大学合同ゼミ第1回報告(2014年9月)

今や、大学生の社会人基礎力、いわゆるジェネリックスキルの向上は、大学の教育テーマとしても大きな位置付けとなりつつありますね。

採用側の企業としても、各社それぞれに知恵を絞って多彩な採用手法を試行錯誤されていますが、どこも共通しているのは、入社後に活躍してくれる人材が欲しいということ。「活躍してくれる人材」の定義は各社様々だと思いますが、土台となる「社会人基礎力」を求めない企業はないでしょう。

関西大学、京都女子大学、大手前大学において、それぞれで経営学を教育・研究する3人の先生方が、担当するゼミの学生が「企業から選ばれる」だけでなく「企業を選ぶ」能力を養い、その過程で社会人基礎力を高めることを目的として2010年度から大学間競合プロジェクトとして「合同ゼミ」という取り組みをされています。共通のテーマに沿って経営戦略論や組織論の観点からグループで企業研究を行い、その成果をプレゼンテーションして競い合うという取り組みです。

いまどき学生の課題とは?

この取り組みを推進される中で課題として浮かび上がってきたのが、学生の「実践力」「行動持続力」「計画立案力」の弱さでした。毎日顔を合わせるわけではないグループメンバーと、いかに情報共有しながら、計画を立て、協力しながら各自の役割を実践し、成果を出していくか。最後に成果を発表するプレゼンテーションの最終評価だけではなく、そこに至るプロセスをもっと重視した取り組みにできないか、そんな先生方の問題意識から、今年、この3大学のゼミ生(計6グループ)を対象に、当社のhabi+Do!をご活用いただくことになりました。

そう、habi+Do!で提供している仕組みと手法は、目標を持って行動実践し(TRY)、イキイキと主体的に関わり(REFRESH)、仲間と励まし合い(ENCOURAGE)、楽しみながら活動を続けよう(ENJOY)、という「TREEダイナミクス」というコンセプトから成っています。まさに、当プロジェクトの推進と学生の社会人基礎力向上に最適だということで、期待を寄せていただきました。

早速、去る9月6日(土)、大手前大学で行われたキックオフセミナー「プレ合同ゼミ」に、当社も参加させていただいてきました。これから約3ヵ月弱、それぞれのグループで達成したい目標を掲げ、それぞれの個人目標も設定し、グループとして最大の成果を出すためのプロジェクトが動き始めました。

学生さんたちの柔軟な発想で、どんな風にhabi+Do!を活用し、どんな成果を生み出していってくれるのか、私たちも大いなる期待を持って応援しております。またこの場でも進捗をご報告させていただきますので、どうぞご期待ください!

関連記事

書いたひと

舞田美和
舞田美和
Be&Doコンサルタント/パフォーマンスUPできる効果的なHabi*do活用をご提案・ご支援しています。人材サービス・教育研修の企画営業を経て、人事・採用、大学の新設・運営業務の後、現職。CDAキャリアカウンセラー・健康経営アドバイザー。

著者リスト

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • 雪丸由香
  • Zheng Li
  • 赤澤智貴
  • 持部 ミカ

最近の記事

ページ上部へ戻る