部長がもっと強い自信を持って、突き抜けてほしい~CG1プログラム導入の期待インタビュー

  • フジッコ株式会社
リーダーシップ
会社名
フジッコ株式会社
事業内容
各種食品の製造販売
導入目的
リーダーシップ開発
Webサイト
https://www.fujicco.co.jp/

今回、導入を推進してくださったフジッコ株式会社の取締役 上席執行役員 イノベーション・カバナンス・人財領域担当の寺嶋さんに導入の背景と期待についてお話をうかがいました。(聞き手:Be&Do赤澤)

一定の成功体験があると、集合研修では自己変容できない

赤澤:この度は、CG1(旧サービス名:CareerGoals1on1)を導入いただき、ありがとうございます!貴社の人材育成で重視・注力されているポイントや、CG1ご導入の背景などをお聞かせください。

寺嶋さん:フジッコグループは創業60周年を超えました。世の中の変化のスピード感が本当に増したと感じていますが、さらなる成長への挑戦を目指す上で、特に部長層に、もっと自信を強く持ってほしいと思っています。色々な修羅場をぐぐり抜けてきたにも関わらず、まじめな社風のせいか、自己評価が低すぎるんじゃないか、そのせいで力を発揮しきれていないんじゃないかと感じる部分があるんです。

ただ、職位が高い社員ほど、経験を積んでいる分一定の成功体験があるため、なかなか集合研修では自己変容できないものです。そんな中、社外のプロフェッショナルから強みを自覚させてフィードバックが得られるCG1の手法を聞いて、これだ!と思いました。社外の専門家による1on1の対話であれば、部長層においても、さらなる自己理解がすすみ、心の奥深くにあるWill(やりたいこと)の発見と行動変容に結び付くのではないか、と感じたのです。それに、CG1で高めることができる”心理的資本”の概念は、まさに深い意味での自信だと感じました。
これからの当社を、もっとリードしていってもらいたいと期待を寄せている複数名の部長を選任し、CG1の受講にチャレンジしてもらいました。

部長がもっと強い自信を持って、突き抜けてほしい

赤澤:CG1に期待されることをお聞かせください。

寺嶋さん:CG1では、心理的資本の状態も可視化され、課題感の背景も理解した上でサポートしていただけるので、私たちの人材育成のヒントも得られると感じています。
CG1を通じ、受講する部長たちがこれまでやってきたことをふりかえり、自身の強みを認識することで、もっと強い自信を持ってくれれば嬉しいです。そして、自己変容して突き抜けてほしい。その人らしい魅力を発揮してほしいと期待しています。

赤澤:ご期待にお応えできるよう、尽力してまいります。寺嶋さん、ありがとうございました!

導入いただいたサービスはこちら

TOP