ワークライフシナジー~職場と仲間への感謝とともに | Be & Do Inc.

ブログ

ワークライフシナジー~職場と仲間への感謝とともに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

スタッフ橋本です。

一般的には3月~4月というのは、年度末・年度始まりだったり、新入社員の受入れであったり(部署異動なども多そうです)、何かと忙しいシーズンではないでしょうか。

当社は、わたしを含めて子育て中のメンバーが大半です。
3月~4月というのは、卒園式・卒業式や入園式・入学式シーズンでもあります。
そもそも、子どもたちには春休みがあります。

それだけでもけっこう大変なのですが、なんやかんやと学校行事や入園入学準備関連が忙しい時期。

小学生や幼稚園児が複数いると。

夫婦が共働きかそうではないか、子どもの人数が1人か複数か、両親が近くにいるかどうか、民間含め預け先があるかどうか、様々な状況があると思いますが、有給休暇がとりやすい雰囲気があることや、在宅ワークが可能であることが大いに助けになります。

これはわたし自身も、ものすごく実感しています。いままさに、必要性に迫られる事案が多発中です。
そんな中、有給休暇や、半休や、在宅勤務を活用できるということで、余計な心配事や不安が減っていると感じます。
そう、故に仕事にも集中できる。

制度を整えればよいという話ではなく、そこにはやはり「組織の中にある相互信頼」「チームでの協働」「お互いのことをよく理解し、認めている」という状況があることや、「ひとりひとりが自律」していて「それぞれが会社や自身の目標にコミット」しているという状況があるからこそ実現できるものだと、改めて思います。

人型のクッキーたち

多様な背景や状況にあるメンバー構成であるからこそ、その重要性をより理解できる。そして困ったときはお互い様。
会社とメンバーに感謝をするとともに、さらに貢献しようという思いも自然と生まれてくるものです。

ワークライフバランスという言葉がありますが「ワークライフシナジー」といいますか、どちらか一方というわけではなく、相乗効果があってしかるべきで、わたしの考えでは「切り分ける」「切り離す」「別々で考える」ということはできません。あくまで個人的な意見ですが!(ここはいろいろな考え方があるし、それをお互いに認めるのもダイバーシティ的に大切だと思う。)

柔軟な働き方を選択できるように風土をつくりには、やはり会社と個人、そして組織のメンバーどうしの「エンゲージメント」は必須ですね。

橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

会社・チームをよくするヒント 5分でわかる!がんばり可視化WebアプリHabi*do

関連記事

この記事を書いたメンバー

橋本 豊輝
橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • 俣野八重
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る