Be&Do通信

【Be&Do通信コラム】「やらされ感」を乗り越えるしなやかなマインドを持てるか?

日本一の若手漫才師を決める「M-1グランプリ」。
今や年末の風物詩ともいえる人気番組となっています。

その始まりは2001年。実は、ある40代半ばの吉本社員による
たった一人のプロジェクトから始まったことをご存知でしょうか?

漫才ブームは過ぎ去り、世間は漫才に飽きていた時代。
低迷した漫才人気を復活させるべく、
上司から突然「漫才プロジェクト」のリーダーを任され、
ゼロから活動を始めたのが、『谷さん』という社員です。

プロジェクトにアサインされたのは一人だけ。
谷さんは最初、「会社は本気で(漫才復興を)考えてないのでは?」
とも考えますが、「せっかくの機会だ」と前向きに捉えなおします。

まずは関西の全ての漫才師に直接面談を申し込み、
漫才についてどう思っているのか?話を聞いて回ったそうです。
さらに劇場で実際の漫才をひたすら見たそうです。

そこで、漫才師の漫才への熱い想いや、
漫才のレベルの高さや進化を感じ、
谷さんは、「これなら復興できるんじゃないか?」と
達成への意欲、決意を高めていきます。

そこから色々な試行錯誤を続けた谷さん。
徐々に漫才が注目されてきたものの、
「全国への大きなブームのうねりを起こすには足りない」と
モヤモヤしていた矢先、
たまたま島田紳助氏の楽屋を訪れたことをキッカケに、
M-1開催の構想が動き出します。

続きは書籍「M-1はじめました」をご覧頂きたいですが、
逆境を乗り越えていく色々なエピソードに私は感動!

私が非常におもしろいと思ったのは、
「まずはやってみる」という前向きな行動によって、
リソース(資産)が見つかっていき、
谷さんの自信もどんどんと高まっていく、このプロセスです。

例え最初は「やらされた」業務であったとしても、
本人のしなやかなマインドと行動次第で、
M-1グランプリのような大きな企画に育っていくものなんですね。

さて、しなやかなマインドを言語化してくれているのが
”心理的資本”の概念です。心理的資本をいかに高めるかが、目標に向かう鍵です。
ぜひ、PsyCap Master認定講座にもご注目ください。

▼PsyCap Master認定講座 ★受付中!
https://psycap-master.com/202210

本コラムは心理的資本研究所が発行している「Be&Do通信」(当社メルマガ)に掲載されたバックナンバーです。人と組織のイキイキに効く処方箋!として週1回、平日の朝にコラムや情報をお届けしています。
購読をご希望の方は以下のバナーリンクから登録してください。

赤澤智貴

赤澤智貴

心理的資本コンサルタント。株式会社Be&Doのプランナー。人材サービス会社での企画営業を経て、2019年8月より現職。社員が楽しく前向きに挑戦し、成果が出る組織作りの実現を目指している。素材メーカーのマネジメント人材育成、組織開発、小売業の人材育成強化などを担当。日本心理的資本協会認定PsyCap Master®。健康経営アドバイザー。アンガーマネジメントファシリテーター。趣味は野球。二児の父。

心理的資本の概要/高める方法を資料で詳しく見る!心理的資本とは、人が何か目標達成を目指したり、課題解決を行うために前に進もうと行動を起こすためのポジティブな心のエネルギーであり、原動力となるエンジンです。「心理的資本について詳しく知りたい」方は、以下の項目にご入力のうえ「送信する」ボタンを押してください。
◆資料内容抜粋 (全16ページ)
・心理的資本が求められる背景
・心理的資本の特徴
・構成要素「HERO」の解説/開発手法とは? など

関連記事

執筆者プロフィール

赤澤智貴

赤澤智貴

心理的資本コンサルタント。株式会社Be&Doのプランナー。人材サービス会社での企画営業を経て、2019年8月より現職。社員が楽しく前向きに挑戦し、成果が出る組織作りの実現を目指している。素材メーカーのマネジメント人材育成、組織開発、小売業の人材育成強化などを担当。日本心理的資本協会認定PsyCap Master®。健康経営アドバイザー。アンガーマネジメントファシリテーター。趣味は野球。二児の父。

研究員リスト

  • 赤澤智貴
  • 小西ちひろ
  • 橋本豊輝
  • 石見 一女
  • Li Zheng
  • 心理的資本研究員
  • 下山美紀
  • 舞田美和
  • 岡本映一
  • 雪丸由香

最近の記事

  1. エンゲージメント調査が職場のエンゲージメントを下げる!?有効策を考える

  2. 目標を達成するには道のり(Way)を描こう

  3. エンゲージメントを高める職場のリーダーシップとは?

TOP