Be&Do通信

【Be&Do通信コラム】失敗を臆せずパターンBを意図的に試すマインドを持てますか?

ある勉強会のトレーニングで、こんな人に出会いました。
「ちょっと今回は事例のパターンを変えて
プレゼンしてみましたが、
あんまり上手く行きませんでした〜。ははは。」

ものすごい成長スピードの
マインドの持ち方だなあと感じました!
現状上手くいっているにも関わらず、あえて違うパターンを試す。
多少失敗したって気にしない。
むしろ新しいチャレンジへの新鮮さを楽しみつつ、
引き出しを増やし続けたり、
やっぱり今のパターンが最善だと再認識したりする。

これって意外とできない、難しいことですよね。
失敗を恐れないマインド、というか失敗も学びなんだと
ポジティブに捉えているからこそ、
軽やかに変化を起こすことができるのだろうと思います。

目標に向かって複数の経路を描く力を、Wayパワーといいます。
マインドの持ち方一つで、
人はより高いパフォーマンスを発揮することができます。

私はこの方から、大きな刺激(=他者からの代理体験)を得ました。
色々な場面で、マネしてしていきたいと思います。

さて、このやりとげる自信を高めるためのマインドは、”スキル”です。
自分、あるいは他者の自信を引き出す対話スキルを
習得できるのが、PsyCap Master(心理的資本開発指導士)認定講座です。
ぜひ、詳細ページを覗いてみてください。

-心理的資本の力で社会全体にWellbeingを-
PsyCap Master認定講座 ★説明会随時開催中!
https://psycap-master.com/202210

赤澤智貴

赤澤智貴

心理的資本コンサルタント。株式会社Be&Doのプランナー。人材サービス会社での企画営業を経て、2019年8月より現職。社員が楽しく前向きに挑戦し、成果が出る組織作りの実現を目指している。素材メーカーのマネジメント人材育成、組織開発、小売業の人材育成強化などを担当。日本心理的資本協会認定PsyCap Master®。健康経営アドバイザー。アンガーマネジメントファシリテーター。趣味は野球。二児の父。

心理的資本の概要/高める方法を資料で詳しく見る!心理的資本とは、人が何か目標達成を目指したり、課題解決を行うために前に進もうと行動を起こすためのポジティブな心のエネルギーであり、原動力となるエンジンです。「心理的資本について詳しく知りたい」方は、以下の項目にご入力のうえ「送信する」ボタンを押してください。
◆資料内容抜粋 (全16ページ)
・心理的資本が求められる背景
・心理的資本の特徴
・構成要素「HERO」の解説/開発手法とは? など

関連記事

執筆者プロフィール

赤澤智貴

赤澤智貴

心理的資本コンサルタント。株式会社Be&Doのプランナー。人材サービス会社での企画営業を経て、2019年8月より現職。社員が楽しく前向きに挑戦し、成果が出る組織作りの実現を目指している。素材メーカーのマネジメント人材育成、組織開発、小売業の人材育成強化などを担当。日本心理的資本協会認定PsyCap Master®。健康経営アドバイザー。アンガーマネジメントファシリテーター。趣味は野球。二児の父。

研究員リスト

  • 赤澤智貴
  • 小西ちひろ
  • 橋本豊輝
  • 石見 一女
  • Li Zheng
  • 心理的資本研究員
  • 下山美紀
  • 舞田美和
  • 岡本映一
  • 雪丸由香

最近の記事

  1. 職場を嫌な場にしないための不満との向き合い方

  2. 1on1ミーティングという対話機会を活かさない手はない

  3. きたるべき(2025年)G.Wに備えて

TOP