Be&Do通信

【Be&Do通信コラム】不利な状況だからこそ、”勝ち戦”ができる⁉ 

不利な状況の中で、あなたならどうやって”勝ち戦”をしますか?

先日たまたま手に取り、『1秒でつかむ』(高橋弘樹著・ダイヤモンド社)
という本を読んだのですが、、、

これは、テレビ東京の「家、ついて言ってイイですか?」という番組を
企画して高視聴率をたたき出しているディレクターである高橋さんが、
そのヒットの裏側にある思考やノウハウを、519ページに渡って、
全出ししてくださっているという、とんでもなく狂ってる(褒めてます笑)
本です。

テレビに限った話ではなく「仕事で使える圧倒的な武器」が手に入る、
と銘打っている言葉に裏切られない、ノウハウ満載の本だったのですが
(ご関心のある方は、ぜひ!)

この中で何度も出てくるのが、テレビ東京は多局と比較して「低予算だ」
という話なんですよね(笑)

つまり、「低予算」という圧倒的に不利な状況の中で、どうやって、
視聴者を惹きつけられる魅力的な番組を制作するか?ということに、
全身全霊で向き合って見つけられてきた答えが書かれているんです。

その中で、最も印象的だった手法を一つご紹介したいと思います。

それは、「リソース(使える資源)の配分を工夫する(重要な1点に
注ぐ)」つまり、バランスを崩壊させることで、この不利な状況を
チャンスに変えることができる、という手法です。

これは、使える時間もそうですし、使える予算もそうですし、
自分の情熱もそうですし、限られたリソースをどう配分するか?を
高橋さんは、かなり重要視した戦略を取られてきているんです。

結果、めちゃくちゃ多忙な中でも自分のスキルを着実に磨き、
限られた予算で他社とは異なる魅力を打ち出した番組を制作
できているのだと。

実は、私たちがご提案している「心理的資本」を高めるガイディングの
手法においても、

●自分がコントロールできることとできないことを分けて、
コントロールできることに注力する(Optimism)、という手法や、

●自分の持っている資源(経験や知識・スキル・時間・仲間など)を
棚卸して有効に活用する(Resirience)、という手法があります。

不利な状況をただ嘆くのではなく、事実は事実として捉え、
その中で戦略的に行動することができれば、不利な状況は、
必ずしも「できない理由」にはならず、「うまくいく理由」にすら
できるということです。

あなたには、今、どんな「不利な状況(理想的ではない状況)」が
ありますか?
あなたが使えるリソースをどう活用すれば、そこからチャンスを
生み出すことができそうですか?

せっかく取り組むなら”勝ち戦”にしましょう!

本コラムは心理的資本研究所が発行している「Be&Do通信」(当社メルマガ)に掲載されたバックナンバーです。人と組織のイキイキに効く処方箋!として週1回、平日の朝にコラムや情報をお届けしています。
購読をご希望の方は以下のバナーリンクから登録してください。

舞田美和

舞田美和

Be&Doカスタマーサクセス担当/ CDAキャリアカウンセラー。人材サービス・教育研修会社の企画営業として多くの人材育成支援に携わる。その後、人事・採用、大学の新設・運営業務の後、現職。Be&Doのカスタマーサクセス担当として、イキイキとした組織・人材づくりの提案や運用支援を行っている。

心理的資本の概要/高める方法を資料で詳しく見る!心理的資本とは、人が何か目標達成を目指したり、課題解決を行うために前に進もうと行動を起こすためのポジティブな心のエネルギーであり、原動力となるエンジンです。「心理的資本について詳しく知りたい」方は、以下の項目にご入力のうえ「送信する」ボタンを押してください。
◆資料内容抜粋 (全16ページ)
・心理的資本が求められる背景
・心理的資本の特徴
・構成要素「HERO」の解説/開発手法とは? など

関連記事

執筆者プロフィール

舞田美和

舞田美和

Be&Doカスタマーサクセス担当/ CDAキャリアカウンセラー。人材サービス・教育研修会社の企画営業として多くの人材育成支援に携わる。その後、人事・採用、大学の新設・運営業務の後、現職。Be&Doのカスタマーサクセス担当として、イキイキとした組織・人材づくりの提案や運用支援を行っている。

研究員リスト

  • 赤澤智貴
  • 小西ちひろ
  • 橋本豊輝
  • 石見 一女
  • Li Zheng
  • 心理的資本研究員
  • 下山美紀
  • 舞田美和
  • 岡本映一
  • 雪丸由香

最近の記事

  1. 目標を達成するには道のり(Way)を描こう

  2. エンゲージメントを高める職場のリーダーシップとは?

  3. 乗り越えたいことはありますか?不断の努力を支える心理的資本

TOP