Be&Do通信

【Be&Do通信コラム】人的資本経営を会社ではなく野球チーム運営で検討してみたら

「人的資本経営」という言葉は、経済紙やビジネス誌をはじめ、
インターネット上のメディアでも目にすることがとても増えたと
感じています。

難しく経営や、組織の運営という観点で見ると難しく映りがちな
言葉ですが、ここはひとつ、何らかの「成果」を目指す部活動や
クラブチームを例にしながらシンプルに考えてみたいと思います。

自分たちのチームには、どのような人が所属しているでしょうか。
まずは一人一人の特徴を把握していくことは当然行いますよね。

その中で、どのような強みとなる武器を持っているのか。
または、本人がどうしたいと思っているのかを把握しながら、
チームとして必要な戦力とのすり合わせを行いつつ、
パワーアップを目指すため必要な練習メニューを提供するでしょう。
必要な戦力が今すぐ足りなければ、新戦力をスカウトする方法もあります。

所属する戦力のパフォーマンスを最大化するために、
人そのものを開発するという考えもありますが、
チームワークを向上するための関係性や意思疎通の方法の
改善に注力するという考え方もあります。

そのうえでチームの目標を達成するために、どう戦力を活かすか。
チームの戦略を実行に移すために既存戦力をどのように配置し活かすか。
これが「人を投資する」ということでしょうか。

さて、会社とは異なりますが、何かしらの目的のもとに
集まっていれば、それは単なる集団ではなく組織やチームと考えられます。

私も細々と草野球チームを22年(!)にわたり運営していますが、
チームが強かった”あの頃”と、超弱小チームになってしまった今を
比較してみると様々な違いが見えてきます。
当事者になってみて、ふりかえると分かることは多いですね!

▼人的資本経営を会社ではなく野球チーム運営で検討してみたら

本コラムは心理的資本研究所が発行している「Be&Do通信」(当社メルマガ)に掲載されたバックナンバーです。人と組織のイキイキに効く処方箋!として週1回、平日の朝にコラムや情報をお届けしています。
購読をご希望の方は以下のバナーリンクから登録してください。

橋本豊輝

橋本豊輝

株式会社Be&Do 取締役 COO/日本心理的資本協会 事務局担当理事。PsyCap Master® Exsecutive Guide。組織活性化プログラムの開発・提供や、人材育成サービスの開発、マネジメント支援ツールの設計に携わる。企業の管理職や従業員など働く人のWellbeingをサポートする外部メンターとしても活動中。心理的資本を高める手法を追究している。著書に「心理的資本をマネジメントに活かす」(共著)中央経済社,2023年がある。

心理的資本の概要/高める方法を資料で詳しく見る!心理的資本とは、人が何か目標達成を目指したり、課題解決を行うために前に進もうと行動を起こすためのポジティブな心のエネルギーであり、原動力となるエンジンです。「心理的資本について詳しく知りたい」方は、以下の項目にご入力のうえ「送信する」ボタンを押してください。
◆資料内容抜粋 (全16ページ)
・心理的資本が求められる背景
・心理的資本の特徴
・構成要素「HERO」の解説/開発手法とは? など

関連記事

執筆者プロフィール

橋本豊輝

橋本豊輝

株式会社Be&Do 取締役 COO/日本心理的資本協会 事務局担当理事。PsyCap Master® Exsecutive Guide。組織活性化プログラムの開発・提供や、人材育成サービスの開発、マネジメント支援ツールの設計に携わる。企業の管理職や従業員など働く人のWellbeingをサポートする外部メンターとしても活動中。心理的資本を高める手法を追究している。著書に「心理的資本をマネジメントに活かす」(共著)中央経済社,2023年がある。

研究員リスト

  • 赤澤智貴
  • 小西ちひろ
  • 橋本豊輝
  • 石見 一女
  • Li Zheng
  • 心理的資本研究員
  • 下山美紀
  • 舞田美和
  • 岡本映一
  • 雪丸由香

最近の記事

  1. 風通しの良い職場をつくるためのたった3つのルール

  2. 学習性無力感を打開する唯一の方法

  3. キャリアブレイクを良い転機にするには心理的資本がカギになる?

TOP