Be&Do通信

【Be&Do通信コラム】新規事業をうまく立ち上げるには

イノベーションを起こさねば、
と多くの大企業で躍起になっています。
その際のチームづくりが重要ではないでしょうか。

日本の大企業では研究開発部門が
新しい事業の芽を見出そうとしても、
なかなか事業予算がつきにくい
ということをよく聞きます。
要するにその成果がどれほど
の事業になるのか、
明確にならないと思い切った
予算がつかないというのです。

たしかに海のものとも山のものと
もわからないものに、
お金は出しにくいこともわかりますが、
研究開発にこそイノベーションに
つながると考えれば、
最初から事業部門や経営陣とのチームを組んで
やっていかないと、結果が出てから
事業化を考えるなどナンセンスだと思います。
チームという考え方は、
各部門でサイロ化するのではなく、
目的にそった組み方を柔軟に
しないといけないですね。

もうひとつ、大企業あるあるの
チームづくりは、新規事業の展開で、
どうビジネスが変化しているか
わからないのに、
最初から複数の機能別担当組織を
つくっているケースです。

新規事業を広めるには最小人数でチームをつくり、
そのチームが商品開発、マーケティング、営業まで
一気通貫でやりながら、
トライアンドエラーを繰り返しながら、
成功のサイクルを作ったうえで、
役割を分けて担当をつけていくほうが現実的です。

ひと昔前のように、機能別担当組織を
作ったからといって簡単に
売上をあげられる時代ではありません。
チームづくりこそ、経営の妙ですよね。

本コラムは心理的資本研究所が発行している「Be&Do通信」(当社メルマガ)に掲載されたバックナンバーです。人と組織のイキイキに効く処方箋!として週1回、平日の朝にコラムや情報をお届けしています。
購読をご希望の方は以下のバナーリンクから登録してください。

石見 一女

石見 一女

Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。「なぜあの人は『イキイキ』としているのか」第1章30歳はきちんと落ち込め執筆、プレジデント社,2006年。

心理的資本の概要/高める方法を資料で詳しく見る!心理的資本とは、人が何か目標達成を目指したり、課題解決を行うために前に進もうと行動を起こすためのポジティブな心のエネルギーであり、原動力となるエンジンです。「心理的資本について詳しく知りたい」方は、以下の項目にご入力のうえ「送信する」ボタンを押してください。
◆資料内容抜粋 (全16ページ)
・心理的資本が求められる背景
・心理的資本の特徴
・構成要素「HERO」の解説/開発手法とは? など

関連記事

執筆者プロフィール

石見 一女

石見 一女

Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。「なぜあの人は『イキイキ』としているのか」第1章30歳はきちんと落ち込め執筆、プレジデント社,2006年。

研究員リスト

  • 赤澤智貴
  • 小西ちひろ
  • 橋本豊輝
  • 石見 一女
  • Li Zheng
  • 心理的資本研究員
  • 下山美紀
  • 舞田美和
  • 岡本映一
  • 雪丸由香

最近の記事

  1. 風通しの良い職場をつくるためのたった3つのルール

  2. 学習性無力感を打開する唯一の方法

  3. キャリアブレイクを良い転機にするには心理的資本がカギになる?

TOP