Be&Do通信

【Be&Do通信コラム】自己決定を促す”工夫”をしていますか?

私は数年前にアンガーマネジメントの資格を取得しました。
そのノウハウを日常生活等で活かすことができているのはもちろん、
多くの仲間と繋がり、刺激を受けることができていて、
このチャレンジはとても良い選択だったと感じています。

アンガーマネジメントに関心を持ったきっかけは、
アンガーマネジメントの書籍を妻が買ってきたことでした。
妻がビジネス書を買うことは滅多にないので、
「怒りについて悩んでいるのかな?」
「悩んでいるなら相談乗るで?」
と、上から目線で思っていました。

妻がその書籍を読み終えた後、
「あなたも読んでもいいよ」と言われ、
一通り読み進めましたが、
そのときは少し興味を持った程度でした。

そこから数年後、子どもが増え、
子育てのストレスから自分がイライラしてしまっていることに
「このままではいけない」と感じ、
アンガーマネジメントを真剣に
学んでみようと思うようになりました。
ただお金がかかるので妻に事前相談すると、
意外にも「やりたいならやってみたら?」とあっさりOKが出て、
講座を受講することができました。

月日が少し流れ、最近妻に
「あのとき本を買ってくれてよかったわ~」と何気なく伝えたら、
その返答に驚きました。
「あなたにアンガーマネジメントやってほしいな~と
思っていたから買ってんで?実は。」とのことでした。

なんと『妻自身が悩んで購入したのではなかった!』
という事実を後になって知ることになりました。

(何だか悔しい気持ちもありますが)
思い返すと、私へのアンガーマネジメントの
勧め方が秀逸でした。

私に対して、
「イライラするならアンガーマネジメントやってよ!」
と押し付けることなく、
あくまで「こんなものもあるよ」という
選択肢を(意図的に)提示してくれただけでした。
結果として、私は自分の意志でその選択をしました。
自分で選んだからこそ、モチベーションを高め、
前向きに取り組むことができました。

選択肢を提示すること、そしてその選択を
自己決定・自己選択に委ねることが大切だと
身をもって体感したエピソードでした。

★事業を推進する上で、部下の意欲を引き出す”工夫”はできていますか?
構造的な手法を「心理的資本開発指導士(サイキャップマスター)認定講座
で学ぶことができます

本コラムは心理的資本研究所が発行している「Be&Do通信」(当社メルマガ)に掲載されたバックナンバーです。人と組織のイキイキに効く処方箋!として週1回、平日の朝にコラムや情報をお届けしています。
購読をご希望の方は以下のバナーリンクから登録してください。

赤澤智貴

赤澤智貴

心理的資本コンサルタント。株式会社Be&Doのプランナー。人材サービス会社での企画営業を経て、2019年8月より現職。社員が楽しく前向きに挑戦し、成果が出る組織作りの実現を目指している。素材メーカーのマネジメント人材育成、組織開発、小売業の人材育成強化などを担当。日本心理的資本協会認定PsyCap Master®。健康経営アドバイザー。アンガーマネジメントファシリテーター。趣味は野球。二児の父。

心理的資本の概要/高める方法を資料で詳しく見る!心理的資本とは、人が何か目標達成を目指したり、課題解決を行うために前に進もうと行動を起こすためのポジティブな心のエネルギーであり、原動力となるエンジンです。「心理的資本について詳しく知りたい」方は、以下の項目にご入力のうえ「送信する」ボタンを押してください。
◆資料内容抜粋 (全16ページ)
・心理的資本が求められる背景
・心理的資本の特徴
・構成要素「HERO」の解説/開発手法とは? など

関連記事

執筆者プロフィール

赤澤智貴

赤澤智貴

心理的資本コンサルタント。株式会社Be&Doのプランナー。人材サービス会社での企画営業を経て、2019年8月より現職。社員が楽しく前向きに挑戦し、成果が出る組織作りの実現を目指している。素材メーカーのマネジメント人材育成、組織開発、小売業の人材育成強化などを担当。日本心理的資本協会認定PsyCap Master®。健康経営アドバイザー。アンガーマネジメントファシリテーター。趣味は野球。二児の父。

研究員リスト

  • 赤澤智貴
  • 小西ちひろ
  • 橋本豊輝
  • 石見 一女
  • Li Zheng
  • 心理的資本研究員
  • 下山美紀
  • 舞田美和
  • 岡本映一
  • 雪丸由香

最近の記事

  1. 職場を嫌な場にしないための不満との向き合い方

  2. 1on1ミーティングという対話機会を活かさない手はない

  3. きたるべき(2025年)G.Wに備えて

TOP