Be&Do通信

「動的平衡」から考える イキイキした組織とは?!

先日、友人の勧めで、
既に12万部を超えるベストセラーになっている
『新版 動的平衡』(福岡伸一著・小学館新書)を読みました。

こんなに難解なことを(iPS細胞の研究とか、ウィルスの仕組みなどなど)
こんなに簡単にわかりやすく(成功するダイエットの方法まで!)、
しかも、ついつい読みたくなる文章にできるなんて
どんだけ福岡博士って賢い人なんだ!?と
まずそこに驚愕したのですが、

この本で書かれている主題を私なりに言語化すると、
「生きる」とは、絶えず変わり続けること
というとてもシンプルなことでした。

いらないものを捨て、
今必要な形に作り変え、
新しいものを取り入れる
その歩みを止めないことこそが、
生命を維持するために最も不可欠で重要な営みなのだと。

これは、組織の生命活動においても
同じことだなと感じたんですよね。

組織として、イキイキと発展し続けていくためには、
常に、変わり続けなければならない。

今の私たちにとって必要なもの・必要な取り組みは何なのか?
それはおそらく1年前とは違うでしょうし、
もしかすると、1か月前、1週間前とも違うかもしれない。

変わることへの恐れはもちろん生まれますが、
常に鮮度高く「今」を見つめて、
勇気を持って「行動」し続けること、
それができる組織だけが、
長く発展して生き続けられるのかもしれないなと
そんなことを思ったのでした。

あなた(の組織)は今日、何を捨て、何を始めていますか?

本コラムは心理的資本研究所が発行している「Be&Do通信」(当社メルマガ)に掲載されたバックナンバーです。人と組織のイキイキに効く処方箋!として週1回、平日の朝にコラムや情報をお届けしています。
購読をご希望の方は以下のバナーリンクから登録してください。

舞田美和

舞田美和

Be&Doカスタマーサクセス担当/ CDAキャリアカウンセラー。人材サービス・教育研修会社の企画営業として多くの人材育成支援に携わる。その後、人事・採用、大学の新設・運営業務の後、現職。Be&Doのカスタマーサクセス担当として、イキイキとした組織・人材づくりの提案や運用支援を行っている。

心理的資本の概要/高める方法を資料で詳しく見る!心理的資本とは、人が何か目標達成を目指したり、課題解決を行うために前に進もうと行動を起こすためのポジティブな心のエネルギーであり、原動力となるエンジンです。「心理的資本について詳しく知りたい」方は、以下の項目にご入力のうえ「送信する」ボタンを押してください。
◆資料内容抜粋 (全16ページ)
・心理的資本が求められる背景
・心理的資本の特徴
・構成要素「HERO」の解説/開発手法とは? など

関連記事

執筆者プロフィール

舞田美和

舞田美和

Be&Doカスタマーサクセス担当/ CDAキャリアカウンセラー。人材サービス・教育研修会社の企画営業として多くの人材育成支援に携わる。その後、人事・採用、大学の新設・運営業務の後、現職。Be&Doのカスタマーサクセス担当として、イキイキとした組織・人材づくりの提案や運用支援を行っている。

研究員リスト

  • 赤澤智貴
  • 小西ちひろ
  • 橋本豊輝
  • 石見 一女
  • Li Zheng
  • 心理的資本研究員
  • 下山美紀
  • 舞田美和
  • 岡本映一
  • 雪丸由香

最近の記事

  1. キャリアブレイクを良い転機にするには心理的資本がカギになる?

  2. 「管理職になりたくない若者の増加」問題を心理的資本のレジリエンスで推測してみる

  3. 慶応義塾高校野球部 森林監督のリーダーシップを「心理的資本のHope」で分析する

TOP