Be&Do通信

【Be&Do通信コラム】”当たり前”のことに「ありがとう」を言おう。

息子が高校に入学し、毎朝のお弁当作りが始まってしまいました。

そもそも私は、料理は割と要領よく手をかけないタイプなので、
手の込んだ献立はしないし、チャチャっとすればそれほど時間も
かからないものの、早く起きて朝から作らなければならない
というのが心理的に負担で、なかなかに憂鬱なんですね。

救いは、息子が毎日「美味しかったよ。ありがとう。」と言って、
空のお弁当箱を持ち帰ってくれること。

「ほんとそういうところ、あなたの凄くいいところだよね」って
正直な気持ちを息子に言ったら、「え?当たり前のことやん」
と言われました。
いや、もう、そうなんだけども、、、その”当たり前”な感謝の一言が、
なかなか言えなくなったりするものですよね。

「その”当たり前”がちゃんとできるってところが素晴らしいんだよ」
って返したら、ニヤニヤしながら嬉しそうにしておりました。

親としてお弁当を作って持たせるというのは、多くの親が
”当たり前”にやっていることではあると思うのですが、
こうしてその”当たり前”に、ちゃんと感謝されるっていうのは、
思いのほか嬉しい。
また明日も早起きしようっていう気持ちにさせてもらえます。

仕事も、”当たり前”にちゃんとやる、それは誰に褒められなくとも
皆さんやっていらっしゃることだと思うのですが、
「いつもよくやってくれてるよね」「ありがとう」「助かるよ」
そんな声がけが飛び交う職場は、自然と「明日も頑張ろう!」って
力が湧いてくるのではないでしょうか。

今日は、大切な人や、一緒に働く職場の人に「ありがとう」を
伝えてみる、そんな一日にしてみてはいかがでしょう。

たった一言ですが、言った自分も、きっと相手も、心がほっと温かくなる
そんな一日にしてもらえるのではないかなと思います。

本コラムは心理的資本研究所が発行している「Be&Do通信」(当社メルマガ)に掲載されたバックナンバーです。人と組織のイキイキに効く処方箋!として週1回、平日の朝にコラムや情報をお届けしています。
購読をご希望の方は以下のバナーリンクから登録してください。

舞田美和

舞田美和

Be&Doカスタマーサクセス担当/ CDAキャリアカウンセラー。人材サービス・教育研修会社の企画営業として多くの人材育成支援に携わる。その後、人事・採用、大学の新設・運営業務の後、現職。Be&Doのカスタマーサクセス担当として、イキイキとした組織・人材づくりの提案や運用支援を行っている。

心理的資本の概要/高める方法を資料で詳しく見る!心理的資本とは、人が何か目標達成を目指したり、課題解決を行うために前に進もうと行動を起こすためのポジティブな心のエネルギーであり、原動力となるエンジンです。「心理的資本について詳しく知りたい」方は、以下の項目にご入力のうえ「送信する」ボタンを押してください。
◆資料内容抜粋 (全16ページ)
・心理的資本が求められる背景
・心理的資本の特徴
・構成要素「HERO」の解説/開発手法とは? など

関連記事

執筆者プロフィール

舞田美和

舞田美和

Be&Doカスタマーサクセス担当/ CDAキャリアカウンセラー。人材サービス・教育研修会社の企画営業として多くの人材育成支援に携わる。その後、人事・採用、大学の新設・運営業務の後、現職。Be&Doのカスタマーサクセス担当として、イキイキとした組織・人材づくりの提案や運用支援を行っている。

研究員リスト

  • 赤澤智貴
  • 小西ちひろ
  • 橋本豊輝
  • 石見 一女
  • Li Zheng
  • 心理的資本研究員
  • 下山美紀
  • 舞田美和
  • 岡本映一
  • 雪丸由香

最近の記事

  1. キャリアブレイクを良い転機にするには心理的資本がカギになる?

  2. 「管理職になりたくない若者の増加」問題を心理的資本のレジリエンスで推測してみる

  3. 慶応義塾高校野球部 森林監督のリーダーシップを「心理的資本のHope」で分析する

TOP