Be&Do通信

【Be&Do通信コラム】ドラマ「不適切にもほどがある」は気づきが沢山もらえますね

現在放送中のドラマに「不適切にもほどがある」という作品があります。
宮藤官九郎さん脚本で、阿部サダヲさんが主演をつとめるオリジナル作品です。

「昭和」と「令和」のギャップをうまいことエンタメ作品として
昇華させているなと勝手ながら感心をしていますが、昭和生まれで
平成初期の昭和の名残を知り、令和に生きる人間としては、
激しく首を縦にふりたくなるほど共感を得るシーンが多いです。

「昭和のヤバさ(複数の意味のやばい)」と、
「令和に潜む息苦しさの正体」にハッとさせられます。

このメールを執筆している時点で、第4話までが放送済みですが、

たとえば
・ハラスメントについての線引きの話
・働き方改革は誰のためのものという話
・コンプライアンスの捉え方の話
・既読スルーやSNS中毒に関する話など…

を笑いを交えながらも、鋭く切り込んでいるので面白いです。
昭和も令和もどっちもどっちなのかもしれませんし、
その時々の最適な在り方があると思いますが!

第一話でパワハラがテーマになっていましたが、
良かれと思ってやっていたことが、逆効果とうこともあり
つまるところ「話し合いましょう」ということでした。
さりげなく対話の重要性を示していましたね。

そんな対話や、人材育成、組織マネジメントに活かせる
PsyCap Master(心理的資本開発指導士)認定講座はこちらから
https://psycap-master.com/202210

本コラムは心理的資本研究所が発行している「Be&Do通信」(当社メルマガ)に掲載されたバックナンバーです。人と組織のイキイキに効く処方箋!として週1回、平日の朝にコラムや情報をお届けしています。
購読をご希望の方は以下のバナーリンクから登録してください。

橋本豊輝

橋本豊輝

株式会社Be&Do 取締役 COO/日本心理的資本協会 事務局担当理事。PsyCap Master® Exsecutive Guide。組織活性化プログラムの開発・提供や、人材育成サービスの開発、マネジメント支援ツールの設計に携わる。企業の管理職や従業員など働く人のWellbeingをサポートする外部メンターとしても活動中。心理的資本を高める手法を追究している。著書に「心理的資本をマネジメントに活かす」(共著)中央経済社,2023年がある。

心理的資本の概要/高める方法を資料で詳しく見る!心理的資本とは、人が何か目標達成を目指したり、課題解決を行うために前に進もうと行動を起こすためのポジティブな心のエネルギーであり、原動力となるエンジンです。「心理的資本について詳しく知りたい」方は、以下の項目にご入力のうえ「送信する」ボタンを押してください。
◆資料内容抜粋 (全16ページ)
・心理的資本が求められる背景
・心理的資本の特徴
・構成要素「HERO」の解説/開発手法とは? など

関連記事

執筆者プロフィール

橋本豊輝

橋本豊輝

株式会社Be&Do 取締役 COO/日本心理的資本協会 事務局担当理事。PsyCap Master® Exsecutive Guide。組織活性化プログラムの開発・提供や、人材育成サービスの開発、マネジメント支援ツールの設計に携わる。企業の管理職や従業員など働く人のWellbeingをサポートする外部メンターとしても活動中。心理的資本を高める手法を追究している。著書に「心理的資本をマネジメントに活かす」(共著)中央経済社,2023年がある。

研究員リスト

  • 赤澤智貴
  • 小西ちひろ
  • 橋本豊輝
  • 石見 一女
  • Li Zheng
  • 心理的資本研究員
  • 下山美紀
  • 舞田美和
  • 岡本映一
  • 雪丸由香

最近の記事

  1. エンゲージメント調査が職場のエンゲージメントを下げる!?有効策を考える

  2. 目標を達成するには道のり(Way)を描こう

  3. エンゲージメントを高める職場のリーダーシップとは?

TOP