Be&Do通信

【Be&Do通信コラム】1on1ミーティングは手段のひとつに過ぎませんが…

私の記憶が確かなら、日本国内で「1on1ミーティング」なる手法が
広まり始めた(言葉が聞かれるようになった)のは2017年頃だったと思います。

そう考えると、途中コロナ禍の時期を挟んでいるとはいえ、7年が経過しているんです。
びっくりします!時が経つ早さに。

世の中では人的資本経営の推進、職場のエンゲージメント向上促進の必要性が叫ばれ、
人材不足(採用難)もあいまって、離職防止のためにも何らか施策を打たねばと
躍起になっている声も聞こえてきます。

現場におけるパフォーマンスマネジメントのために導入が進んだ1on1。

そんな中ではありますが「1on1ミーティング」がうまく機能している
組織は一握りではないか…と。

この状況を何とかしたいなと思うんです。

コミュニケーション機会として、しっかりと活かすことができれば、
これ以上になく個人と組織のパフォーマンス向上にも幸福度向上にも寄与できる
仕組みなのに!と。

機能すれば、きっと管理職の負担も軽減されるでしょうし、
ひとりひとりの働きがいも結果として生まれるものです。

注目するポイントは2つ。

①マネージャー本人の「前向きなリーダーシップ」
②前向きな気持ちや行動につながる「対話スキル」

この2点がカギではないかと。

よろしければ下記ブログもご一読ください。

▼1on1ミーティングという対話機会を活かさない手はない

本コラムは心理的資本研究所が発行している「Be&Do通信」(当社メルマガ)に掲載されたバックナンバーです。人と組織のイキイキに効く処方箋!として週1回、平日の朝にコラムや情報をお届けしています。
購読をご希望の方は以下のバナーリンクから登録してください。

橋本豊輝

橋本豊輝

株式会社Be&Do 取締役 COO/日本心理的資本協会 事務局担当理事。PsyCap Master® Exsecutive Guide。組織活性化プログラムの開発・提供や、人材育成サービスの開発、マネジメント支援ツールの設計に携わる。企業の管理職や従業員など働く人のWellbeingをサポートする外部メンターとしても活動中。心理的資本を高める手法を追究している。著書に「心理的資本をマネジメントに活かす」(共著)中央経済社,2023年がある。

心理的資本の概要/高める方法を資料で詳しく見る!心理的資本とは、人が何か目標達成を目指したり、課題解決を行うために前に進もうと行動を起こすためのポジティブな心のエネルギーであり、原動力となるエンジンです。「心理的資本について詳しく知りたい」方は、以下の項目にご入力のうえ「送信する」ボタンを押してください。
◆資料内容抜粋 (全16ページ)
・心理的資本が求められる背景
・心理的資本の特徴
・構成要素「HERO」の解説/開発手法とは? など

関連記事

執筆者プロフィール

橋本豊輝

橋本豊輝

株式会社Be&Do 取締役 COO/日本心理的資本協会 事務局担当理事。PsyCap Master® Exsecutive Guide。組織活性化プログラムの開発・提供や、人材育成サービスの開発、マネジメント支援ツールの設計に携わる。企業の管理職や従業員など働く人のWellbeingをサポートする外部メンターとしても活動中。心理的資本を高める手法を追究している。著書に「心理的資本をマネジメントに活かす」(共著)中央経済社,2023年がある。

研究員リスト

  • 赤澤智貴
  • 小西ちひろ
  • 橋本豊輝
  • 石見 一女
  • Li Zheng
  • 心理的資本研究員
  • 下山美紀
  • 舞田美和
  • 岡本映一
  • 雪丸由香

最近の記事

  1. キャリアブレイクを良い転機にするには心理的資本がカギになる?

  2. 「管理職になりたくない若者の増加」問題を心理的資本のレジリエンスで推測してみる

  3. 慶応義塾高校野球部 森林監督のリーダーシップを「心理的資本のHope」で分析する

TOP