「健康経営格付」で花王が最高ランクを獲得したというニュース | Be & Do Inc.

ブログ

「健康経営格付」で花王が最高ランクを獲得したというニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2012年3月8日の花王のニュースリリースに「健康経営格付」で花王が最高ランクを獲得したという発表がありました。

*花王のニュースリリースから抜粋

DBJ健康格付の概要と花王の取り組みについて

平成20年4月の特定健診制度の導入や事業者によるメンタルチェックの義務化が国会で審議されるなど、昨今、企業の自社従業員への健康配慮の必要性が高まる状況にあります。また、将来的な労働人口の減少を受け、人的生産性の向上も重要な課題となっています。

「DBJ健康格付」融資は、こうした社会情勢を踏まえ、健康経営の概念を普及促進させるべく、経済産業省の調査事業に応募* し、その一環として開発された独自の評価システムをもとに、従業員の健康配慮への取り組みに優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての制度です。

健康の課題は「従業員福祉」だけでなく「経営管理」の一貫になっていることがこのニュースからわかります。

しかも融資条件にも健康格付けを適用したというのは画期的な取り組みです。

花王は、トップの明確なメッセージとしての「花王グループ健康宣言」のもと、(1)自社従業員の健康レベルの的確な把握・分析に努めている、(2)中期計画を策定し、その施策を事業者、健保組合、産業医、外部専門家らが協力して実施する体制を構築している、(3)当該しくみを、現場レベルに「健康づくり実務責任者・担当者」を設置することで末端まで浸透させ、経営層に対しても、「健康づくり推進委員会(Te-ni-te会議)」を通じた報告・改善の場を設け、経営管理課題として全社的に健康づくり事業を位置づけています。
このたび、こうした組織内で「健康経営」のPDCAサイクルが定着・運用されている点が高く評価されました。

従業員の健康は経営課題なのです。

石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

会社・チームをよくするヒント 1分であなたの会社・チームの専用サイトを作成!がんばり可視化WebアプリHabi*do

関連記事

この記事を書いたメンバー

石見 一女
石見 一女
Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • 俣野八重
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る