ポジティブ思考と自律とソーシャルラーニングの関係性。 | Be & Do Inc.

ブログ

ポジティブ思考と自律とソーシャルラーニングの関係性。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スタッフ橋本です。

私なりに考える「ソーシャルラーニング」について、エントリーしたいと思います。

ソーシャルラーニングにおける良いサイクル

networkソーシャルラーニングは、その場にいる人同士が刺激し合い、お互いの知識や考え方に触れ、自分の視野や思考の幅を広げたり、知識を深めたりする上で、物凄く良い考え方だと思っています。

以前から、その場を共有するメンバーどうしが、自発的に発信することで、自然とお互いの学び合いにつながるような創発学習とも言える「ソーシャルラーニング」という考え方は、私の個人的な研究対象です。

ソーシャルラーニングは、その言葉からも「ソーシャルネットワーク」のように、特にそのためのツールが限られているわけではなく、お互いの学び合いが生まれている場は、全てそうであると思っています。それは、もしかすると社内SNSかもしれませんし、グループウェアかもしれませんし、FacebookやTwitterのようなソーシャルメディア上かもしれません。

自発的に集まったコミュニティや、お互いに想いや考えの近い人同士が集まる場であれば、自然発生的に様々な意見交換が行われ、「あ、そのような考え方もありだね」「新しい発見があった!参考になる」「それも一つの意見だけど、私はこう思う」というように、自ずと“学び合い”が始まると思います。

でも、そうではない場合は、自然発生的にはそのような場は生まれないと思います。参加者のほとんどが受身で、「教えてくれるんでしょ!」という立場だと、そういった場はなかなか生まれない。

そのように考えると、その場にいる参加者が、どれだけ前向きに、ポジティブに、その場を捉えるかが大切。なんだか“面白そう”とか“楽しそう”とか“学べることがあるかも”と思っている人が集まると、勝手に良いサイクルが生まれて、学び合いが加速するのではないでしょうか。

学ぶことで、いろいろな気づきがあって、意識が変わったり、行動が変わったりすることは、スキルアップや、生産性向上につながると思います。

ソーシャルラーニングな場を実現そして成果をあげるためには

learning

しかし、こういったソーシャルラーニングな場を実現することは、容易ではないです。例えば企業では、仕事が分業化されたり、目標が個人のものになり過ぎたり、拠点が離れ離れになったり。なかなか顔を合わせて、共有することが難しくなる。こうなるとITの活用が必要なると思います。

ただし、ITだけではダメです。やはり、そこには人の関わりが重要だと思います。IT技術に加えて、人の関わりがものすごく大切になります。

「ソーシャルラーニング」も、自発的に集まる場や、物凄く優秀で自律的な人々が集まる場であれば良いですが、これが企業研修や通常の教育学習の場で、自発性に委ねていては、活性化しないですし、成果にもつながらないと思います。

成果をあげるためには、どのように関与するのかという手法や、それを手助けする仕組みが重要だと思います。どのようにポジティブにその場を捉えてもらって、行動につなげるか。ポジティブな行動を起こすメンバーが増えれば、周囲のメンバーもそれに引っ張られる、ということもあるものです。反対にネガティブな空気を発するメンバーがいれば、その場を冷え切らせてしまう場合も。

ソーシャルラーニングを手助けする仕組み・手法

私たちが提唱しているTREEダイナミクス®は、Try(まず、やってみよう!)、Reflesh(イキイキしよう!)、Enjoy(楽しもう!)、Encourage(励まし合おう)で、行動変容を促す考え方です。

各自が行動し、ポジティブな視点で楽しみ、周囲を認め合いながら目標達成・遂行を行うマネジメントサイクルの考え方です。

TREEダイナミクスは行動変容を促す考え方ですが、PDCAのDの部分です。

TREEダイナミクス

企業の人材育成やマネジメント、教育現場での学習モチベーション向上に課題を感じている方は、お気軽にご相談くださいね!

橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

関連記事

この記事を書いたメンバー

橋本 豊輝
橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • 藤井雄吾
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 俣野八重
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る