STAFF BLOG

自発的なモチベーションを高める“やる気スイッチ”を探して~称賛・感謝編~

スタッフ舞田です。私自身が感じた生活の中で感じた「やる気スイッチ」についてブログを書きます!

デスクワークが続くと、ついつい肩こりが慢性化しますよね。私も例外ではなく、気付いたらかなりガチガチになってしまっていることも。

そんなときは、マッサージ器…ではなく、息子(8歳)の出番。彼を専属マッサージ師に育て上げようと、目下企み中なのです。でも、「マッサージしてー」とお願いしてみても、「手が疲れる~」「ちょっと待ってー、今遊んでるから」などと言って、なかなかやる気になってくれないことも。でも、ここからが育成者(?)としての腕の見せ所。相手の状況を見ながら、タイミングを見計らって、改めてマッサージが必要な旨を訴えます。

そして、嫌々ながらでもやってくれた瞬間が勝負時!すかさず、いかに気持ちよかったか、いかに肩が楽になったか、どのやり方が効果的だったか、という具体的な評価・称賛とともに、「ありがとう」「助かったよ」の感謝の言葉を伝えます。(このとき、マッサージする場所が的外れだったり、力の入れ具合がイマイチだったとしても、ダメ出しをしたり不機嫌になるのはご法度!こちらの伝え方が不十分なだけなので、「もうちょっとこっち」「強めが気持ちいいな」と、根気強く伝えるのがポイントです。)

ありがとう!という感謝のことば

その甲斐あって、なんと、先日、嬉しそうに(自発的に!)「マッサージ券」なるものを作ってくれたわけですよ。そこには、10個のマスが書かれていて、1回マッサージしてくれる毎にシールを貼っていくというルール。10枚シールが貯まると…お小遣いとかおもちゃとか?…そう、マッサージした側(息子側)にメリットのあるご褒美が設定されるのが普通だろうと思いきや、なんと!スペシャルマッサージをしてくれるらしい(笑)。つまり、彼にとってはマッサージをすることによって褒めてもらう・喜んでもらうことが嬉しい=ご褒美なんですね。ということで、私は毎日せっせとマッサージしてもらっています。ニヤリ。やる気スイッチ、万歳!!!

マイタが見つけた今日のスイッチ

人は、褒められたり、感謝されると、自発的なやる気が生まれるらしい。

関連記事

書いたひと

舞田美和
舞田美和
Be&Doコンサルタント/パフォーマンスUPできる効果的なHabi*do活用をご提案・ご支援しています。人材サービス・教育研修の企画営業を経て、人事・採用、大学の新設・運営業務の後、現職。CDAキャリアカウンセラー・健康経営アドバイザー。

著者リスト

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • みさ
  • マーク
  • Zheng Li
  • 雪丸由香
  • 赤澤智貴
  • 持部 ミカ

最近の記事

ページ上部へ戻る