営業職の新人研修にも最適な実践トレーニング方法 | Be & Do Inc.

ブログ

新人研修と新人営業キャンペーンでの活用アイデア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

新人さんたち

先日お話しした方にHabi*do(ハビドゥ)、興味を持っていただきました。その方は新入社員研修を担当されていらっしゃいます。
研修だけではなく、いわゆる「新人キャンペーン」なる社内のキャンペーンでも使えそうで面白そう!とおっしゃっていただきました。

確かに!

その会社さんは営業の方が新入社員では多いそう。研修ではビジネスマナーはもちろん、商品知識や、営業スキルの基礎的な部分を学ぶことになるのでしょう!そこからさらに実践で経験を積むために行われるのが「新人キャンペーン」だと思います。
ゲーム要素を持たせて、楽しみながらも、現場で学ぶ。これまでの学生生活とは180度異なるビジネス現場に入っていくのですもんね。楽しめる要素が無いと!

とはいえ、それでも新人にとっては、なかなか根性のいること!中にはへたってしまう人も出てきます。ある意味で厳しさを体験するという意味で、重要な通り道かもしれません。

とはいえできることなら、へたってしまうことなく、着実に自信をつけてもらいながら、早く自立して成果を出せるように育ってほしいですよね。

例えば、営業の新人さんたちの社内キャンペーンを行うならこういった形はどうでしょう。

【目的A】基礎的なビジネスマナー、営業スキル、社内ルールの実践促進と定着化を実現する
【目的B】新規営業電話、営業訪問、名刺交換、商談などの経験値を積み自信を持たせる

大きく目的はこの2つにおいてみましょう。(今回は弊社Habi*do(ハビドゥ)を用いた形で考えてみます。)

型を覚えてもらうこと

目的Aは、まずは「型を覚えてもらう」という意味で重要です。多くの新人にとって、右も左も分からない未経験のことばかり。一つ一つ「やってみる」ことで成功体験を積んでもらい、ものにしていってもらうことが必要だと思います。

Habi*do(ハビドゥ)のおすすめの習慣に具体的な実践してほしいビジネスマナーや営業スキルを提案してみましょう。コンテンツに、教育資料として先輩社員の営業ロールプレイングの動画を掲載しても良いですね。もちろん商品知識を学ぶ資料も復習として設置しておくと良いでしょう。

これらはすべて頭だけで理解していても、なかなか身につかないものです。かといって、実施できたからといって、成果にすぐにつながる感覚もなく、褒められることも少ない。でもちゃんと「やった」ことを毎日報告してポイントとして積み重ねることができるので、小さな達成感を得ることができます。それを担当者が褒めることもできます。

成功体験を積むこと

目的Bは、「成功体験を積む」という意味でも重要です。多くの新人にとっては、新規営業電話や営業訪問、名刺交換、商談はすべてがハラハラドキドキの連続。

すぐに契約に結びつくようなミラクルもありますが、ほとんどの場合はなかなかすぐには成果につながらず、自信も喪失しがち。

ここでもやはり、一つ一つの行動をその日達成できたかどうかを報告することでポイントがたまったり、目標達成を申告して褒めてもらったりすると、ものすごく達成感につながるのではないでしょうか。

このような小さな成功体験を積み重ねることは、自己効力感を高め自信にもつながります。

教育担当者、事務局を支援する仕組みで成果が見える

キャンペーンをやりながら、事務局やメンターは、頑張っている様子を見て褒めたり励ましたり。チーム対抗戦をしても面白いですね。新人どうしも互いに励まし合い協力し合うことが必要になります。

Habi*do(ハビドゥ)をベースにしたキャンペーンを行うと、事務局は活動データを多角的に分析できるので、いろんな側面からその人の良さを発見できるでしょう。

「キャンペーン中に契約はとれなかったけど、毎日ちゃんと積み重ねるタイプだから将来伸びるね。」
「見た目では分からなかったけど、この人はリーダーシップがあるタイプのようだ。」
「成果が出ているのは、ちゃんとやることをやっているからだな。」

そして何より大事なこと。それは、事務局の負担を減らすこと。こういったキャンペーンを運営する事務局(この場合は教育担当者)が集計が大変だったり、フォローが大変で、本来の目的にコミットできなかったりするのは本末転倒!そのあたりも解決できるでしょう。

キャンペーンを盛り上げるために、いろいろなアイデアが思い浮かびます。

 

ここまで書いて、新人キャンペーンならずとも、営業キャンペーンでも活用できますよね。事務局はこの場合、営業企画部門などでしょうか。

私自身の新入社員時代や営業企画を担当していた頃を思い出しました(笑)
ぜひみなさまのチームで職場でいろいろなアイディアを形にしてみてください!形にするには、Habi*do(ハビドゥ)がお役に立てるはずです。

橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

会社・チームをよくするヒント 1分であなたの会社・チームの専用サイトを作成!がんばり可視化WebアプリHabi*do

関連記事

この記事を書いたメンバー

橋本 豊輝
橋本 豊輝
楽しみながら課題を解決したり、成果をだす仕組みづくりがミッション。ゲーミフィケ―ションやソーシャルラーニングについて研究することがライフワーク。チームを強くする!がんばりを可視化するWEBアプリ「Habi*do」の企画・設計から開発プロジェクトに関わっています。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • 俣野八重
  • みさ
  • マーク
  • 雪丸由香
  • Zheng Li
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る