在宅ワークでも一体感を共有するには?~わくスタプロジェクト~ | Be & Do Inc.

ブログ

在宅ワークでも一体感を共有するには?~わくスタプロジェクト~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スタッフ舞田です。

Be&Do版「働き方改革」である”わくスタプロジェクト”もいよいよ第14回目!気が付けば、第1回のミーティング(2016.10.5)から約1年。振り返れば、一歩一歩いろんな取り組みにチャレンジしてきました。

今回のわくスタプロジェクトー議題は2つ。

  • すっかり社内に定着した感のある在宅ワーク時の「なんとなく社内の雰囲気をキャッチアップできてない感」をどうすれば払拭できるか?
  • プル型タスクの活用について(他メンバーの業務タスクを「私がやるよ」と引き受けてチームで仕事をしやすくするには?)

チャレンジ1.在宅ワーク時でも社内の一体感を共有できるか?

在宅ワーク時でも、業務に関する情報共有や相談、ミーティングなどは、Habi*doやビジネスチャット、ビデオ通話などを使うことで円滑なコミュニケーションが実現できているものの、非公式な情報(雑談レベルのもの)や、社内の温度感的なものをキャッチしにくい、という声がありました。

社内と在宅メンバーをカメラを常時接続してみる?、いやいや、それだと通信が重くなるんじゃない?とか、それって、微妙に”監視されてる感”が出ちゃうんじゃない?、じゃぁ、ランチタイムにカメラを繋いで雑談タイムを設ける?などなど、いろんなアイディアが出ましたが、そこで俣野が鋭い一言。

「そもそも共有したい温度感って何を指してるんでしょう?

例えば、今日は舞田さんのムシの居所が悪そうだから、あんまり無駄に話しかけないほうがいいよ、的な温度感じゃないですよね?(え。( ゚Д゚)私っすか?!)

(弊社代表の)石見さんが雑談の中でつぶやくBe&Doの事業の方向性とか、お客さんから聞いたちょっとした話、とか、そういうことですよね?」

そうそう!ということで(ホッ。なぜか社内でいじられ頻度が高い気がする…なぜだ…)、今以上に気軽にコミュニケーションしていくことと、温度感を共有するための、以下2つのチャレンジをしてみることに。

  • 何か話したいこと、相談したいことがあるとき、ビデオ通話を繋ぐ前に「今いい?」と聞いてから繋いでいるけど、その配慮はなしでダイレクトにいこう!
  • 雑談レベルの話もピックアップして、「今日のBe&Do(Daily社内報)」をHabi*doのミーティングボードにトピックス投稿してみよう(by俣野。動画でもメモでも5分以内で投稿できるレベルで)→今後の事業アイディアの蓄積にできるかも?!という期待もあり。

チャレンジ2.プル型タスク運用を推進したい!

以前から社内で度々議論にあがっていた「プル型タスク」。

Habi*doには、自分のタスクを登録して「やった」を押すことで、チームメンバー全員にタスク状況を共有できる機能があります。私たちは、日々、自分の業務をここに登録することで、誰が今どんな業務に取り組んでいるのかを可視化・共有することで、「このタスクするなら、ここに使える資料があるよ」とか「最近残タスクが溜まってるよね?何か手伝えることある?」とか「今日、これやってくれたんだね、ありがとう!」といったワークコミュニケーションを促しながらマネジメントする運用をしています(自画自賛で恐縮ですが、この運用、めっちゃお勧め!)。
よくあるプロジェクト運用ツールのように、タスクを誰かに振るのではなく、自発的に「私がやるよ」とタスクを引き受ける形で、タスクを授受できるといいよね、というのが私たちの共通認識でした。現状のHabi*doにはその機能はないのですが、何か運用で工夫できないかな?ということで、以下の2つのアイディアを試してみることに。

  • チームでタスク情報を共有するメリットを最大化するために、自分がわかるメモではなく他の人が見てもわかる書き方を工夫しよう。
  • 他のメンバーにお願いできるかも?なタスクは、タスク名の冒頭に「☆」を付けて登録→「私がやろうか?」とタスクを引き受けた人は「★」を付けて自分のタスクに登録(その際、元タスク者は、☆のタスクを「スキップ」して登録から削除)というルールを試してみよう。

さてさて、チャレンジの結果はどうなるでしょう?!

どんなことも「やってみないとわからないことがある」というのが、1年間わくスタプロジェクトをやってみての、私たちの実感。

楽しみながらTRYし続けることで、みんながイキイキ働ける、生産性アップして働ける環境ができるんです。Be&Doの働き方改革、ますます進化していきますよ!!!

舞田美和
Be&Doプランナー/ ”ひとり一人の凸凹を活かし、チームでチカラを最大化できる仕掛け”をご提案しています。人材サービス・教育研修の企画営業を経て、人事・採用、大学の新設・運営業務の後、現職。CDAキャリアカウンセラー。

会社・チームをよくするヒント 5分でわかる!がんばり可視化WebアプリHabi*do

関連記事

この記事を書いたメンバー

舞田美和
舞田美和
Be&Doプランナー/ ”ひとり一人の凸凹を活かし、チームでチカラを最大化できる仕掛け”をご提案しています。人材サービス・教育研修の企画営業を経て、人事・採用、大学の新設・運営業務の後、現職。CDAキャリアカウンセラー。

メンバー

  • 石見 一女
  • 岡本 映一
  • 橋本 豊輝
  • 舞田美和
  • えりか
  • 俣野八重
  • みさ
  • マーク
  • 雪丸由香
  • Zheng Li
  • 琴地悠太
  • 持部 ミカ
  • Be&Do inc.

最近の記事

Facebook

Twitter

ページ上部へ戻る