Be&Do通信

【Be&Do通信コラム】成長の原動力となる、一歩目の小さな行動の効果は大きい

クリスマスによって増えすぎた
我が家の子ども達のおもちゃ達を整理すべく、
5歳の長男自身がセレクトした今使っていないおもちゃを
リユースショップで売ってもらう作戦を半年ぶりに決行しました。
(以前のエピソードの続編です。)

ちなみに半年前に売った際の売上は85円で、
当時の息子は「やったー!」と人生初の
”売れた”という体験に大喜びしていました。

そして今回、同じように小さなおもちゃ5点ほどを売りましたが、
売上は微減の60円でした。息子は喜ぶかと思いきや、
「なんで?もっと高く売りたいのに!」とやや不満顔。
要は、半年前の達成体験で得た自己効力感(自信)から、
さらなる目標達成への欲が出てきたのです。

そこで、次なるアクションとして、
「僕が描いた絵を売ったらどうなるの?」ということで、
息子が描いた魚の絵をフリマアプリに出品するという
作戦を数日前に決行しました。
絵のクオリティはさておき、価格は300円に設定。
翌日「いいねがついた!」と喜ぶ息子。
結果はどうなるのでしょうか?

きっと、新たな課題が見つかるでしょう。
絵の練習が必要なのか、絵のテーマを変えるのか、描く道具を変えるのか、
親としても、引き続き息子の挑戦を促すサポートを
さりげなく続けていこうと思います。

さて、勇気を持って小さな一歩目を踏み出すのは、大人だって難しいもの。
周囲の適切なサポートが鍵になるかと思います。
そこで効果的となる手法が、”ガイディング”です。

当社では、ガイディングという対話手法/人材育成手法を学べる「PsyCap Master®(サイキャップマスター)認定講座」を開催しております。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://psycap-master.com/202210

本コラムは心理的資本研究所が発行している「Be&Do通信」(当社メルマガ)に掲載されたバックナンバーです。人と組織のイキイキに効く処方箋!として週1回、平日の朝にコラムや情報をお届けしています。
購読をご希望の方は以下のバナーリンクから登録してください。

赤澤智貴

赤澤智貴

心理的資本コンサルタント。株式会社Be&Doのプランナー。人材サービス会社での企画営業を経て、2019年8月より現職。社員が楽しく前向きに挑戦し、成果が出る組織作りの実現を目指している。素材メーカーのマネジメント人材育成、組織開発、小売業の人材育成強化などを担当。日本心理的資本協会認定PsyCap Master®。健康経営アドバイザー。アンガーマネジメントファシリテーター。趣味は野球。二児の父。

心理的資本の概要/高める方法を資料で詳しく見る!心理的資本とは、人が何か目標達成を目指したり、課題解決を行うために前に進もうと行動を起こすためのポジティブな心のエネルギーであり、原動力となるエンジンです。「心理的資本について詳しく知りたい」方は、以下の項目にご入力のうえ「送信する」ボタンを押してください。
◆資料内容抜粋 (全16ページ)
・心理的資本が求められる背景
・心理的資本の特徴
・構成要素「HERO」の解説/開発手法とは? など

関連記事

執筆者プロフィール

赤澤智貴

赤澤智貴

心理的資本コンサルタント。株式会社Be&Doのプランナー。人材サービス会社での企画営業を経て、2019年8月より現職。社員が楽しく前向きに挑戦し、成果が出る組織作りの実現を目指している。素材メーカーのマネジメント人材育成、組織開発、小売業の人材育成強化などを担当。日本心理的資本協会認定PsyCap Master®。健康経営アドバイザー。アンガーマネジメントファシリテーター。趣味は野球。二児の父。

研究員リスト

  • 赤澤智貴
  • 小西ちひろ
  • 橋本豊輝
  • 石見 一女
  • Li Zheng
  • 心理的資本研究員
  • 下山美紀
  • 舞田美和
  • 岡本映一
  • 雪丸由香

最近の記事

  1. 心理的資本で考える〜ハイキャリアを目指すことだけが正解なのか

  2. 職場を嫌な場にしないための不満との向き合い方

  3. 1on1ミーティングという対話機会を活かさない手はない

TOP