Be&Do通信

【Be&Do通信コラム】”変えられないもの”に囚われていないか?

特にまだ幼い子どもの場合、
「変えられるもの」「変えられないもの」
の線引きが曖昧なもの。
我が家の子ども達を観察していて思いました。

ある日の3歳娘は、お出掛け帰りの車内で眠くて
「ふとんで横になって寝たいー!!」と30分絶叫。
ある日の5歳長男は、市民プールのプールサイドで
つまずいて足をすりむいて
「この床なんで?全部張り替えてほしいねん!」と本気で怒る。

自分では変えられない、コントロールできないことを
理解できていれば、我を失って怒ることはないはず。
現実的な選択肢を検討するならば、
「疲れる前に早めに帰る」あるいは
「市役所に提言する」でしょうか。
まあでも、怒るまでもない、
許容範囲の事柄かと私の場合は感じます。

さて、例に挙げたのは変えられないと
容易に理解しやすい事柄かと思いますが、
これを仕事における私達の様々な出来事に照らし合わせたとき、
うまく自分の感情に対処することはできているでしょうか?

・周囲に期待するあまり、「いらっ」と感じてしまう
・すべては自分の責任だと背負い込んで落ち込む
・過去の出来事をいつまでも引きずってしまう etc.

本来、「自分が変えられること」に注力して行動することで、
良い変化を起こすことができるはずです。
そのためには、変えられること・変えられないのジャッジを
行うこと、そしてその精度を上げていくことが大切だと感じます。

なぜ大人が同じ状況で「ふとんで横になって寝たいー!!」
と怒りに任せて何とかしようとしないのか?
それは、子どもの頃に同じような状況で
過去に誰かのせいにしても
何ともならなかったという経験を重ねてきたからこその
判断ではないでしょうか?
大人も同じ。より難しく複雑な事柄に対しても、
しっかりと内省を繰り返し、検証することが大切。
そうやって、うまく「自分が変えられること」に
注力する判断ができるようになれば、
もっと楽しく、前向きに
パフォーマンスを発揮できるのではないかと思いました。

さて、「自分が変えられること」に注力する思考法は、
”HERO”のフレームワークにおけるOptimismの考え方です。
PsyCap Master認定講座では、HEROを用いた
コミュニケーション手法、”ガイディング”を学びます。
ぜひ以下の詳細ページをご覧ください。

▼PsyCap Master認定講座(説明会随時開催中!)
https://psycap-master.com/202210

本コラムは心理的資本研究所が発行している「Be&Do通信」(当社メルマガ)に掲載されたバックナンバーです。人と組織のイキイキに効く処方箋!として週1回、平日の朝にコラムや情報をお届けしています。
購読をご希望の方は以下のバナーリンクから登録してください。

赤澤智貴

赤澤智貴

心理的資本コンサルタント。株式会社Be&Doのプランナー。人材サービス会社での企画営業を経て、2019年8月より現職。社員が楽しく前向きに挑戦し、成果が出る組織作りの実現を目指している。素材メーカーのマネジメント人材育成、組織開発、小売業の人材育成強化などを担当。日本心理的資本協会認定PsyCap Master®。健康経営アドバイザー。アンガーマネジメントファシリテーター。趣味は野球。二児の父。

心理的資本の概要/高める方法を資料で詳しく見る!心理的資本とは、人が何か目標達成を目指したり、課題解決を行うために前に進もうと行動を起こすためのポジティブな心のエネルギーであり、原動力となるエンジンです。「心理的資本について詳しく知りたい」方は、以下の項目にご入力のうえ「送信する」ボタンを押してください。
◆資料内容抜粋 (全16ページ)
・心理的資本が求められる背景
・心理的資本の特徴
・構成要素「HERO」の解説/開発手法とは? など

関連記事

執筆者プロフィール

赤澤智貴

赤澤智貴

心理的資本コンサルタント。株式会社Be&Doのプランナー。人材サービス会社での企画営業を経て、2019年8月より現職。社員が楽しく前向きに挑戦し、成果が出る組織作りの実現を目指している。素材メーカーのマネジメント人材育成、組織開発、小売業の人材育成強化などを担当。日本心理的資本協会認定PsyCap Master®。健康経営アドバイザー。アンガーマネジメントファシリテーター。趣味は野球。二児の父。

研究員リスト

  • 赤澤智貴
  • 小西ちひろ
  • 橋本豊輝
  • 石見 一女
  • Li Zheng
  • 心理的資本研究員
  • 下山美紀
  • 舞田美和
  • 岡本映一
  • 雪丸由香

最近の記事

  1. キャリアブレイクを良い転機にするには心理的資本がカギになる?

  2. 「管理職になりたくない若者の増加」問題を心理的資本のレジリエンスで推測してみる

  3. 慶応義塾高校野球部 森林監督のリーダーシップを「心理的資本のHope」で分析する

TOP