Be&Do通信

【Be&Do通信コラム】人生は「自分という乗り物をどう乗りこなすか?」である

「人生は自分という乗り物をどう乗りこなすかだと思う」

テレビ番組カンブリア宮殿にて、
”逆転の発想力”でヒット商品を生み出す
デザイン会社kenma(ケンマ)代表の
今井裕平さんの言葉が、とても心に響きました。

今井さんは、元々建築家なのに絵が下手で
細部で考えるのは苦手という弱点を活かし、
逆に抽象化で捉えられることを強みにされています。

「私の場合はどちらかというと不幸。好きなものが下手なので」
「でも、下手くそなりの乗りこなし方があって、下手くそなりの乗りこなし方は誰もやらない」

自分という乗り物自体は大きく変えることはできません。
つまり、パーソナリティ/遺伝的な考え方や
能力を変えるのは難しい。
しかし、乗り物の”乗りこなし方”は
工夫や努力次第で変えることができますよね。

さて、「どう乗りこなすか?」の解は、
目標に向かう心理的エネルギー(=心理的資本)の構成要素である
HEROのフレームワークが言語化してくれていると思います。

Hope:自分のありたい姿、人生の目的を考える。同時に、達成するための複数の経路を描く
Efficacy:試行錯誤の中で学び、自信をつけていく
Resilience:リスクの乗り越えるために活かせる自分の資産を認識する
Optimism:物事を意味付けする。変えられないものを認め受け入れて前に進む

言語化された、自分という乗り物の乗りこなし方にも通ずる
このフレームワークを多くの人に知ってほしいと思います。

★HEROのフレームワークは、
心理的資本開発指導士(サイキャップマスター)認定講座」で学ぶことができます

本コラムは心理的資本研究所が発行している「Be&Do通信」(当社メルマガ)に掲載されたバックナンバーです。人と組織のイキイキに効く処方箋!として週1回、平日の朝にコラムや情報をお届けしています。
購読をご希望の方は以下のバナーリンクから登録してください。

赤澤智貴

赤澤智貴

心理的資本コンサルタント。株式会社Be&Doのプランナー。人材サービス会社での企画営業を経て、2019年8月より現職。社員が楽しく前向きに挑戦し、成果が出る組織作りの実現を目指している。素材メーカーのマネジメント人材育成、組織開発、小売業の人材育成強化などを担当。日本心理的資本協会認定PsyCap Master®。健康経営アドバイザー。アンガーマネジメントファシリテーター。趣味は野球。二児の父。

心理的資本の概要/高める方法を資料で詳しく見る!心理的資本とは、人が何か目標達成を目指したり、課題解決を行うために前に進もうと行動を起こすためのポジティブな心のエネルギーであり、原動力となるエンジンです。「心理的資本について詳しく知りたい」方は、以下の項目にご入力のうえ「送信する」ボタンを押してください。
◆資料内容抜粋 (全16ページ)
・心理的資本が求められる背景
・心理的資本の特徴
・構成要素「HERO」の解説/開発手法とは? など

関連記事

執筆者プロフィール

赤澤智貴

赤澤智貴

心理的資本コンサルタント。株式会社Be&Doのプランナー。人材サービス会社での企画営業を経て、2019年8月より現職。社員が楽しく前向きに挑戦し、成果が出る組織作りの実現を目指している。素材メーカーのマネジメント人材育成、組織開発、小売業の人材育成強化などを担当。日本心理的資本協会認定PsyCap Master®。健康経営アドバイザー。アンガーマネジメントファシリテーター。趣味は野球。二児の父。

研究員リスト

  • 赤澤智貴
  • 小西ちひろ
  • 橋本豊輝
  • 石見 一女
  • Li Zheng
  • 心理的資本研究員
  • 下山美紀
  • 舞田美和
  • 岡本映一
  • 雪丸由香

最近の記事

  1. 職場を嫌な場にしないための不満との向き合い方

  2. 1on1ミーティングという対話機会を活かさない手はない

  3. きたるべき(2025年)G.Wに備えて

TOP