ブログ

ChatGPTに、部下のやる気を高めるガイディングの方法を聞いてみた

今、話題のChatGPT。心理的資本を開発する介入法のガイディングも学んでいただいているようです。
そこで、部下マネジメントのガイディングについて質問をしたところ、秀逸な回答に驚いています。

部下がやる気がなく、困っているマネージャーがいます。
その部下(Aさん)は能力が高く、やる気さえ発揮してくれば、成果も出るのに残念です。どうやらAさんは自分がなぜ、今の仕事をしているのか、その先のビジョンが見えなくて戸惑っているようです。このような場合、心理的資本のHopeの開発が効果的かもしれません。このマネージャーにどんなガイディングが効果的だと思いますか?

(ChatGPTの回答)

Aさんの場合、自分自身の役割や目標が明確ではないため、ホープの開発に焦点を当てることで、自己効力感を高め、意欲を引き出すことができます。
以下は、マネージャーがAさんに対して行うことができるガイディングの例です。

①目標の共有:Aさんがやる気を出すためには、自分がなぜこの仕事をしているのか、その先にどのような目標があるのかを理解することが必要です。マネージャーは、Aさんに目標やビジョンについて話し、自分たちの仕事が社会や顧客にどのような影響を与えるかを明確にすることが重要です。
②意欲の喚起:マネージャーは、Aさんが仕事に対して持つ意欲を喚起することができます。たとえば、過去の成功体験を振り返り、自分がどのように成長したかを振り返ることで、Aさんが自信を持って仕事に取り組むことができるようになります。
③成果のフィードバック:Aさんが仕事を行った際には、その成果に対してフィードバックを行い、良いところや改善点を示すことが重要です。これにより、Aさんは自分の成果に対して誇りを持つことができ、自己効力感が高まります。
④スキルの向上:Aさんが仕事に取り組む上で、スキルや知識が不足している場合は、マネージャーがその補完を行うことができます。このように、スキルや知識を向上させることで、Aさんが自信を持って仕事に取り組むことができるようになります。
⑤チームの支援:Aさんがチームとして働くことができるよう、マネージャーはチームの一体感を高めることが必要です。たとえば、チームビルディングの活動やコミュニケーションの改善などを行うことで、Aさんがチームに属することに自信を持つことができます。

これらのガイディングによって、Aさんが自己効力感を高め、自分の役割や目標に向かってやる気を出す

いかがでしたか?
ChatGTPの回答が的確で驚きました。
ただ、部下マネジメントの一般的なアプローチにも見えますね。たしかに間違ってはいないけど、ケースは各自の個人的な特性などもあり、もっと複雑かもしれません。
Be&Doが提供するガイディングは対象者のケースによって、どんなアプローチをしていけばいいかをもっと具体的に整理しています。
心理的資本をより多くの人に使える技術として広めていきたいです。

石見 一女

石見 一女

Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。「なぜあの人は『イキイキ』としているのか」第1章30歳はきちんと落ち込め執筆、プレジデント社,2006年。

心理的資本の概要/高める方法を資料で詳しく見る!心理的資本とは、人が何か目標達成を目指したり、課題解決を行うために前に進もうと行動を起こすためのポジティブな心のエネルギーであり、原動力となるエンジンです。「心理的資本について詳しく知りたい」方は、以下の項目にご入力のうえ「送信する」ボタンを押してください。
◆資料内容抜粋 (全16ページ)
・心理的資本が求められる背景
・心理的資本の特徴
・構成要素「HERO」の解説/開発手法とは? など

関連記事

執筆者プロフィール

石見 一女

石見 一女

Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。「なぜあの人は『イキイキ』としているのか」第1章30歳はきちんと落ち込め執筆、プレジデント社,2006年。

研究員リスト

  • 赤澤智貴
  • 小西ちひろ
  • 橋本豊輝
  • 石見 一女
  • Li Zheng
  • 心理的資本研究員
  • 下山美紀
  • 舞田美和
  • 岡本映一
  • 雪丸由香

最近の記事

  1. 必要だから愛すのか、愛しているから必要なのかという問いを組織に適用すると?

  2. 自責の念が強すぎる人はオプティミズムでとらえ直そう

  3. 失敗を恐れるなと言うことは簡単だけれど!?行動を促す具体的な3つの考え方

TOP