Be&Do通信

オーセンティックなリーダーシップって難しい。けど大事。

オーセンティックなリーダーとは、「自分らしさを貫くリーダーシップ」という意味です。
VUCAの時代、権威主義的で硬直したリーダー像では難しくなっている中で、
リーダーには多様な価値観を受け入れ、柔軟に対応することが求められています。
そこで注目されているのがオーセンティックリーダーシップです。

オーセンティックリーダーシップという新しいリーダーシップの考え方に触れたとき、
これは女性である私にとって、とても共感できるものだし、実践しやすいと思いました。
なにせ「弱みを見せること」も許容されるリーダーシップだからです。

オーセンティックとは「本物の」「真正の」「確実な」という意味ですが、
リーダーに本物も偽物もあるのか、と突っ込みたくなりますよね。

リーダーを促成栽培するときは、プロトタイプのリーダーの仮面をつけさせて、
リーダー像の強制ギブスをつけさせるほうが簡単です。
本人も迷わずリーダー像を演じたらいいので、やりやすいとも言えます。
ただこれでは、常に組織の上位者が正解を出し続けられるような場合しか通用しません。
より多様性を活かすには、柔軟なリーダーの存在が必要なのです。

「自分らしさのリーダーシップ」といっても多くの人は「自分らしさ」など気に留めたことはなく、
せいぜい「得意と苦手」程度しか理解していません。
私もまったくそのとおりで、自分らしさと問われても「?」となってしまいます。

「リーダーの伸ばすべき最大の能力は何か?」との問いに対し、
スタンフォード大学の顧問委員に聞いたところ、全員が「自己認識力(セルフ・アフェアネス)」と答えたそうです。
自己認識力を高めるには、自らの過去と向き合い、自分の弱さを認めることからはじめるとのこと。
自らをふりかえり、そして鎧を脱いだ自分を理解するということなのでしょうか。

オーセンティック・リーダーシップは、心理的エネルギーである心理的資本と関係が深いと言われています。
心理的資本を高めるうえで、自らと深く向き合う必要があるからかもしれません。

まだまだ私も勉強中のオーセンティックなリーダー像ですが、コラムで気づいたことなど綴っていきます。

※参考資料:「オーセンティック・リーダーシップ」ダイヤモンド社

本コラムは心理的資本研究所が発行している「Be&Do通信」(当社メルマガ)に掲載されたバックナンバーです。人と組織のイキイキに効く処方箋!として週1回、平日の朝にコラムや情報をお届けしています。
購読をご希望の方は以下のバナーリンクから登録してください。

石見 一女

石見 一女

Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。「なぜあの人は『イキイキ』としているのか」第1章30歳はきちんと落ち込め執筆、プレジデント社,2006年。

心理的資本の概要/高める方法を資料で詳しく見る!心理的資本とは、人が何か目標達成を目指したり、課題解決を行うために前に進もうと行動を起こすためのポジティブな心のエネルギーであり、原動力となるエンジンです。「心理的資本について詳しく知りたい」方は、以下の項目にご入力のうえ「送信する」ボタンを押してください。
◆資料内容抜粋 (全16ページ)
・心理的資本が求められる背景
・心理的資本の特徴
・構成要素「HERO」の解説/開発手法とは? など

関連記事

執筆者プロフィール

石見 一女

石見 一女

Be&Do代表取締役/組織・人材活性化コンサルティング会社の共同経営を経て、人と組織の活性化研究会(APO研)を設立運営。「個人と組織のイキイキ」をライフワークとし、働く人のキャリアと組織活性化について研究活動を継続。「なぜあの人は『イキイキ』としているのか」第1章30歳はきちんと落ち込め執筆、プレジデント社,2006年。

研究員リスト

  • 赤澤智貴
  • 小西ちひろ
  • 橋本豊輝
  • 石見 一女
  • Li Zheng
  • 心理的資本研究員
  • 下山美紀
  • 舞田美和
  • 岡本映一
  • 雪丸由香

最近の記事

  1. 心理的資本で考える〜ハイキャリアを目指すことだけが正解なのか

  2. 職場を嫌な場にしないための不満との向き合い方

  3. 【Be&Do通信コラム】1on1ミーティングという対話機会を活かさない手はない

TOP